脳と集中力

あなたはどれだけの時間、集中して勉強することができます か?

30分でしょうか?
それとも1時間、2時間と長時間集中できるでしょうか?

集中力がないと悩んでいる人でも
調子が出てくると1時間や2時間つづけて
勉強することもあるのではな いでしょうか?


しかしこれはあまり効 率の良い勉強のやり方ではありません。

人によって集中できる時間には多少の差はありますが、
人が集中できる平均的な時間は50分だ といわれています。


この時間をこえて勉強をしても
自分では集中して勉強をしているつもりでも
脳はか なり疲れていて効率的に勉強することはできません。


長時間勉強したいときでも脳 に休憩をさせる必要があります。


あまり長時間、脳を使うとそれだけ長時間
脳を休憩させなければ脳に疲労がたまり
集中して勉強することができなくなってしまいます。

脳を効率的に使うためには勉強時間をこまかく区切り
しっかり休憩を取りながら勉強するようにしてください。


勉強が苦手な人や勉強のやる気が出ないときは
50分という時間は長く感じてしますかもしれません。

そういった場合はまずは15分か ら始めてください。
そして15分たったら10分休憩をする。


この場合もタイマーを忘れずにセットし てから
勉強を始めることで自然と勉強に集中できるはずです。

慣れてくるとこの15分という時間では物足りなく感じて くるはずです。


朝に脳を使う

集中して勉強するために脳を効率よく使う方法として
休憩をとりながら勉強することともう一つオススメしたいのが、

朝一番 に脳を使うということです。


成績上位者に朝勉強している人が多いと いうのは
聞いたことがあるかもしれません。

朝に勉強することのメリットは、
誰にも邪魔をされずに勉強できるということだ けではなく、

朝に脳の回転を最大限まで高めておくことで
一日脳を効率よく使えるようになると いうことです。


学校で授業を受けても
授業の内容がほとんど頭に入ってこなかった人で も
この朝に脳を使うという習慣を始めるだけで
かなり授業を効率よく受けれるよ うになるはずです。

明日の朝いつもより30分だけ早起きし て
朝の勉強を試してみてください。



▼集中力アップへ